band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

活動報告8月18日

本日も、継続案件 津波被害のあったお墓での活動です。
朝からハンズオン東京様(約20人)と合流し、今日も海砂撤去と墓石の移動そして散乱したお骨拾いに奮闘しました。
お盆も過ぎてしまいましたが、まだまだお墓参りの檀家さんが多く、皆さん自分の家のお墓がどれだかわからず、探されているご様子でした、メンバーが一緒に探す場面もしばしば。
片付いていないお墓ではまともにお参りすることもできませんし、檀家さんは、自分のうちのお墓に呆然とし、また悲しみが込み上げられるご様子が伺われ、我々もぐっと涙をこらえるシーンもありました。
たまたまいらっしゃった檀家さんのお墓でした。無残にもバラバラになって倒れてしまった墓石を、みんなで起こしてなんとなくですが・・・それなりに戻しました。
黙ってみていられない。。みなさん正義感だけです。
素手では、とても重い墓石です。危険性も考えなくてはいけない所、がんばちゃった感じです。でも、檀家さんの涙には、私たちの胸にぐっとくるものがありました。
まだまだ人員が必要な場所です。

↑角田市のお坊さん錦織さん(左)とこちらのお墓のお寺の副住職さん(中央)と

↑この様に砂に埋もれたお骨を探します。途方もない作業です
広告

8月 18, 2011 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。