band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

活動報告8月19日

本日は東京からお越しのハンズオン東京ご一行様 参加3日目。津波被害墓地の海砂出し及びお骨拾い作業。
作業自体単調ですので、体力任せのアメリカンハイスクール軍団本領発揮!すごいですね。仕事もどんどんはかどってお陰様で、だいぶ進みました。
頼もしいお力添えをありがとうございました。
本日は、私事ですが、中三になる娘も参加致しました。親ながら子供の成長の速さに驚きました。また、ハンズオン東京様とも3日目ということもあり、しっかりと連携が取れ、ハンズオン様の疲れも懸念されましたが気合十分で黙々とかかられ、こちらが圧倒されるシーンもありました。
中にはここに残ってキャンプをしながら片付けたい!などと有難い事をおっしゃるかたもおりました。
午前中は雨も心配されましたがなんとかもって助かりました。
さて、変わって午後
ハンズオン東京ご一行様は帰られ、墓地には、我々バンドエイドメンバーと鳳仙寺副住職さん、そして業者の石材屋さんが残りました。
「ほんじゃ寂しくなったけど怪我ないようにね!」
「おっしゃ!」
と、で気合十分でスタート!
どこまで出来るかと奮闘いたしました。
ところがその時、午後2時半を周ったころ・・・

突然の揺れ!地震です!
ゴゴーという地響きの後・・・

「グラグラッグラグラグラ!!」

再び、あの恐怖と悪夢を思い出しました・・・
しかし、冷静沈着に即刻現場退避!
避難場所にて、無事全員の身柄確認及び点呼をし、安全を確認いたしました。

改めて!危機管理の在り方、及び避難経路の確認、危機管理マニュアルの見直しを即刻行い、ここは被災地で、しかも危険性は継続されていることを深く思う1日となりました。
夕刻、宿舎帰宅後、危機管理を考え、熱くなったスタッフは、前日入りの方へのスターティングオリエンテーションは随分入念に、ながーーくなったことは言うまでもありません。
広告

8月 20, 2011 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。