band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

活動報告8月29日

被災現場活動班
継続案件:墓地の復旧作業
撤去海砂および瓦礫:20トン
■本日は角田ロータリークラブ様、塩釜ロータリー・コーディネーター 桑原茂様のお取り計らいで、栃木県から足利工業大学付属高校のラグビー部、スキー部の皆さん、そして引率の先生、足利東ロータリークラブ 田口邦二様、龍泉寺住職 源田俊昭様 総勢31名のご参加を頂きました。尊いお力添え誠にありがとうございました。
朝は恒例の鳳仙寺様詣り。まだお墓に入ることの出来ない犠牲となられた方々に手を合わせ、リーダーの源田様から読経を頂戴し、厳かな活動のスタートでした。
案件は昨日と同じ鳳仙寺別院。朝手を合わせたお寺の案件ということで、若い高校生のみなぎる力は更にみなぎり、墓地内の砂出しがみるみる進んで行きました。
墓地内でband aidの活動を見ていた石屋さんは「凄くはかどってるね~」と感嘆の声を頂きました。
目標であるお彼岸まで、なんとか間に合いそうです。
またband aidの事務所に、昨日子供歌舞伎にご参加された方から「とても楽しむ事ができて貴重な経験だった」と感謝のお電話を頂きました。ハンズオン東京様のご協力の下、被災者の方々に笑顔を生む事が出来たと思います。

↑有難いお経を頂戴しました。宗教宗派は関係ありませんね。

↑亡くなった方々の遺骨を前に。

↑我がバンドエイド代表(右端)もまずは記念撮影。気合十分!

 

↑先生方もごくろうさまでした。

 

↑生徒が自然にとったポーズ!こ、これは、長崎の平和の像か!?原発のくそったれ!

 
広告

8月 31, 2011 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。