band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

2月11日活動報告

【農業支援班】

活動場所:山元いちご農園

活動内容:いちごの苗の長い茎や枯れた葉、雑草などの除去6列×6 人

ビニールハウス内は天候によりかなり温度変化が大きく太陽がでると暑くなり曇るとちょうどよい 温度センサーがついていて天井の開け閉めを行い育成に適した温度を保っているそう。 苗の実は1号棟に比べてまだできていないが株は1号棟より丈が高い。

携帯でのいちごの育成ゲームやいちご狩りの計画があるという話をお聞きした。新しい農業経営を模索していて積極的案がたくさんあることには力強さを感じます。

「山元町の震災後、他農家と比べて早い時期から会社を立ち上げ復興を引っ張る形の活動に参加することができ、とても嬉しく思うと共にこれからの活動にも観察、参加をしていきたい」と今回参加していただいた関口さん姉弟は感じてくださいました。

被災地に実際に足を運び直接感じてもらうこと、それを一人でも伝えることは大きなお力添えをいただいていると感じます。

 

 

広告

2月 12, 2012 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。