band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

3月31日活動報告

【農業支援班】【事務局】

活動内容:ビニールハウス建設・魚屋補助

活動場所:魚屋たけだ

報告内容:今日は引き続き、魚屋たけださんでビニールテント作りをしました。鉄骨の微調整とてっぺんの棒通しです。

午後からは雨が降ってきた為、お店の中に入ってお刺身作りの手伝いなどしました。ほっき貝の殻取りなど貴重な体験もさせていただきました。

他にはしらこやホタテ貝、しめ鯖の商品化準備などを手伝いました。

そこで働いている1人から津波で家が流された話をききました。彼は、そんな風に見えないほど元気だったので自分も頑張らないと、と思った一日でした。最後にホタテ汁を頂きました、美味しかったです。今日も一日

お疲れ様でした。

今回、武田さんのお仕事の手伝いをすることになりボランティアというよりは職業体験のような活動ですが、被災者とボランティアの交流できる一つの機会となりました。band⇔aidの『⇔』は支援する側、される側は一方通行ではないという意味でその一面があったように見えました。

豪華なお土産までいただきお世話になりました。

広告

4月 1, 2012 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。