band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

6月12日 第三回 貫和住民運動×田植え

【事務局】【仮設介助班】

活動内容:西野流呼吸法教室

活動場所:ナガワ仮設

前回から1週間あいての教室で今回は歩くのも大変な方々も無理のない範囲でイスに腰掛けながら体験していただきました。効果として体があたたかくなったり、ひねりを加えた運動(※華輪)で腸が活性化した模様。また「※対気」でこの運動の不思議さ、おもしろさを体験できました。次回も楽しみにしてくださる方もいて今後の継続的な活動に期待がもてます。

「華輪」は、全身をリラックスさせて、“宙遊”という理想的な身体の状態を創り、西野流呼吸法の効果を一層素晴らしいものにします。全身の血行を良くし、肩コリ、冷え性、腰痛、便秘に効果があります。ウエストラインをきれいにし、足首を引き締めます

対気(たいき)・・・双方向に生命エネルギーの交流をします。相手のエネルギーを感じ自分のエネルギーレベルを確認する、生きていることの快感を感じながら、エネルギーを高めていける稽古方法です。

【事務局】【農業支援班】

活動内容:田植え

活動場所:山元町山寺

津波で被災した田んぼにもすくすくと成長する稲が目立ってきました。しかし今回は万全の準備が整わず機械での植残りがあり相当数を手植えしなければならない状況で人手が必要だそうです。今植えなければ収穫量もかなり減ってしまいせっかく頑張っても赤字になってしまいます。実際お手伝いさせていただきましたがやはり大変な作業でした。泥の気持ちよさと、昔の人たちがしていた苦労を体験する貴重な機会となりました。

レッツ、農業支援

 

広告

6月 14, 2012 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。