band⇔aid活動報告

東日本大震災復興支援事業 宮城県角田市から発信

9月23日 活動報告

【農業支援班】

活動内容:農業支援 パプリカの茎が倒れないようにする為、プラスチック製の器具をネットに挟む作業。

活動場所:山元町山寺

サイトキャプテン:篠部 雅貴

ボランティアのおかげでこんな立派なハウスができました。来てくださったみなさんにその成果を見て欲しい、感謝の気持ちを伝えたい。

篠部さんはカメラマンのお仕事をされているそうでミニ撮影会が開かれました。

「今までボランティアに来てくれた皆さんに、成長したパプリカの写真を見てもらいたいんだ。」
そんな斎藤さんのリクエストに応えて、昼食後、一眼レフのカメラでパプリカの写真を撮影。
その撮った写真をデジカメのモニターに映して、斎藤さんに確認してもらいました。
すると斎藤さんは、何度もうなずきながら、「いいね。上等だよ!」と嬉しそうに笑っていました。
それはまるで、子供の成長を見守る親のような穏やかな笑顔でした。
最初はこの畑も瓦礫や雑草、石ころだらけの荒れ地だったそうです。
そんな土地を一から耕し、みんなで力を合わせて、ようやく畑に実を結んだパプリカ。
斎藤さんにとって、このパプリカは復興の兆しそのものなのかもしれません。
荒れ地だったこの畑に斎藤さんの穏やかな笑顔が咲いていました。

広告

9月 30, 2012 - Posted by | Uncategorized

Sorry, the comment form is closed at this time.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。